リニア中央新幹線チケットレス化 チケットレスメリットデメリットとは?

2027年開通予定のリニア中央新幹線

リニア中央新幹線を使用するにあたり全面チケットレスになることが明らかに!

チケットレスのメリットデメリットは??

スポンサーリンク

リニア中央新幹線チケットレス化

新幹線

2027年に開通するリニア中央新幹線。

開通するにあたり全面チケットレス化を検討していることをJR東海の金子真(まこと)社長が明らかにしました。

リニア中央新幹線の中間駅である神奈川、山梨、長野、岐阜に切符売り場は設けないとのことです。

それが実現すれば国内高速鉄道では初となります。

金子社長の狙い

チケットレス化にすることで、切符売り場の駅員の人件費、他の代理店への販売代行手数料の支払いを削減することができる。

またスマートフォンや携帯を通じて列車の遅れや乗り換えの案内を行えるという。

そのようなことから金子社長は「お客様にも我々にも良い形」と言っています。

チケットレスについて

切符

そもそもチケットレスとはなんなのでしょうか?

チケットレスのメリットデメリットも含めて紹介していきます!

チケットレスとは

チケットレスとは、チケットを発行すろことなく携帯電話やスマートフォン、クレジットカードなど他のもので代用することをいいます。

例えば電車に乗るときに、切符を発行せずにSuicaやPasmoなどのICカードで電車に乗車すること。

これはチケットレスと言えますね。

東京などの都会ではICカードなどで電車に乗るのが主流になってきていますね。

メリット

・改札口の混雑を緩和することができる

・スマホで申し込むと割引などが受けられることがある

・スマホで簡単に指定席などの予約ができる

・時間や場所にとらわれずに予約ができる

デメリット

・携帯が使えなかったら電車に乗れない

デメリットとしてはもうこれにつきますね!

少し前にソフトバンクの携帯が圏外になって使えないということがありましたよね?

そんなった場合に電車に乗れなくなってしまいます。

メリットとデメリットから

メリットデメリットをみてもメリットのほうが多いです。

そのため営業側からみてもお客側からみてもメリットのほうが多いためリニア中央新幹線を全面チケットレス化をさほど問題はないですね!

しかし、携帯が使えないことを考えたときにその対策も考えていかなくてはならないことだと思います。

スポンサーリンク

リニア中央新幹線について

リニア

引用:https://response.jp

2027年に東京を起点とし、甲府市、名古屋市、奈良市付近を通り大阪を終点として開通するリニア中央新幹線。

名前は聞いたことはあるけど、どんなものかあまりよく知らないという人は多いのではないでしょうか?

そこでリニア中央新幹線について解説していきます。

リニア中央新幹線とは?

リニア中央新幹線は時速500㎞で走行するリニアモーターを導入しており、飛行機のようなスピードとたくさんの人やモノを運べる新幹線両方の特徴をあわせもっています。

時速500㎞は新幹線「のぞみ」の約2倍の速さといわれています。そんな超高速のリニアを使えば東京から大阪まで約1時間で行けるといわれています。

また走行中の二酸化炭素排出量が少ないことから環境にやさしい乗り物としても注目を集めています。

走行のしくみ

時速500㎞で走行するなんていったいどんな仕組みなんだ!なんて気になりますよね?

ズバリ!!磁石の性質を利用して走行する仕組みになっています。

N極やS極同士だと反発し、N極とS極は引っ張り合いますよね。

その磁石の原理で新幹線の車体を浮かせて、走行さることで早く走ることが可能になっています。

だから二酸化炭素の排出も少ないんでしょうね!

スポンサーリンク

まとめ

2027年開通のリニア中央新幹線がすべてチケットレス化。

あと8年後となるとほとんどがチケットレスになっていそうですね。

どんどん年が経つにつれて環境も変化していきます。

この先いろいろなことが簡単に、そして便利になっていくことでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする