【スマブラ】しずえインフィニティー 最強のバグの発生条件とは!?

任天堂 Switchの大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALにバグが発生!

アイテムを無限に生み出す最強のバグ!?

「しずえインフィニティー」といわれる最強バグの発生条件とは!

スポンサーリンク

しずえインフィニティーってどんなバグ?

しずえ

引用:http://hucastzero.blogspot.com

任天堂 Switchの「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」でバグが発見されました。

その名も「しずえインフィニティー」。

名前のとおりゲームキャラクターである”しずえ“を使うことにより、アシストフィギアというアイテムが無限に出現し続けるバグのことをいいます。

アシストフィギュアとは、中身のフィギアのキャラが味方として戦ってくれて相手に攻撃してくれるアイテムのひとつです。

中身のフィギアのキャラによって強い弱いの良し悪しがありますが、アイテムが無限に連続で出し続けられるなんて無敵すぎますよね!!

相手は手も足もだせないでしょう・・・。

しずえインフィニティーの発生条件

最強といっても過言ではない「しずえインフィニティー」

そんな最強なバグがあるのか!!試してみたい!!って思いますよね?

そこで「しずえインフィニティー」の発生条件を紹介します!

【しずえVSしずえ】であること

2人対戦で対戦するときに両者とも「しずえ」を選択する必要があります。

片方だけがしずえでもバグは発生しないようです。

【しずえの必殺技同時発動】すること

今回のバグの原因でもあるアイテムの「アシストフィギュア」を2人のしずえで左右挟むように立たせます。

そしてしずえの「つりざお」という必殺技を2人ともほぼ同時にアシストフィギュアに向かって発動します。

すると、アシストフィギュアを先に釣り上げたほうが無限にアシストフィギュアを連続で使え増殖できちゃいます。

スポンサーリンク

セーブデータ破損は自己責任・・・

キーボード

最強の「しずえインフィニティー」を試したい気持ちは十分わかります!

ですが中にも「しずえインフィニティー」を試していたらゲームが強制終了したという事例もでているとのこと。

まだゲーム機本体やセーブデータへの悪影響は見られていないそうですが、バグということもあり怖いです。

せっかく買ったSwitchが壊れた!!!

せっかく全キャラクターを出したのにしずえのせいで初期に戻った!!

なんてことがあり得るかもしれません。

そんなことになったら悲しいですよね?もしなったとしてもしずえに責任はないですよ(笑)

「しずえインフィニティー」を試すときはあくまでも自己責任で行ってください。

大乱闘スマッシュブラザーズはどんなゲーム?

大乱闘

引用:https://ec.nintendo.com

大乱闘スマッシュブラザーズは、任天堂が過去に販売したゲームの代表キャラが集結しそのキャラを使って対戦できる対戦アクションゲーム略してスマブラです。

それぞれの人気キャラクターがゲームの枠を超えて登場することにより大人気のゲームとなっています。

ルール

よくある対戦ゲームは、攻撃すると相手の体力が減っていき体力がなくなると負けますよね?

スマブラは場外にぶっ飛ばされたら負け、最後まで場内に残っている者が勝ちとなります。

攻撃されるとぶっ飛び率が「%」で表され数値が高くなるほどすぐぶっ飛ばされます!

ルールも自分好みに変更可能

スマブラでは対戦時のルールを自分好みに変えることができます。

タイム制

制限時間内に一番多く敵をぶっ飛ばした者の勝ち

ストック制

最後までぶっ飛ばされずに生き残った者が勝ち

アイテム有無

対戦時に使用できるアイテムを完全になくしたり使いたいアイテムだけを出現できることも可能です。またアイテムの出現頻度も変更できます。

ふっ飛び率

対戦前にあらかじめ吹っ飛び率を高く設定することができ、ハンデもできるようになっています。

アンチ格闘ゲーム!?

大乱闘

引用:https://ec.nintendo.com

ルールの変更可能内容などをみるからに、なんでもできちゃいますよね。

それゆえに「アンチ格闘ゲーム」ともいわれているそうです。

内容が内容なだけに何が起こるかわからないため、プロ初心者あまり関係なくみんなで楽しめるゲームです。

スポンサーリンク

まとめ

しずえインフィニティーの発生条件について紹介しました!

試してみるのは自己責任ですが、私だったら試しちゃいますね。

私もスマブラをやったことがありますが、敵をふっ飛ばしたときは爽快感抜群ですよ!

ぜひみなさんもスマブラをやってみてください!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする